ひらめきシャングリラ・ダイエットの記事は「シャングリラ・ダイエットとか」でどうぞわーい(嬉しい顔)
初心者が迷うオリーブオイルは「エクストラ・ライト・オリーブオイルってなんだ?」をどうぞむかっ(怒り)

2007年07月12日

「とめはね!」が紙メディアと読者のコラボレーションを創りだす

「とめはね!」は高校書道部という珍しい設定の青春ものマンガ。
書道部なので、当然さまざまな「書」が登場するペン

tomehane_20070712.jpg
(書/小林克久氏。出典:週刊ヤングサンデー連載中の「とめはね!」)

なんと、この
「助さん格さん
こらしめてやりなさい」
は、読者の投稿作品だ。

「こちらは読者の投稿作品です。ありがとうございました!!」
と注釈もされている。

従来からあった読者投稿欄といった専用コーナーではない。
作家と読者がコラボレーションして、マンガという紙のメディアでユーザー参加型のしくみができている。

昨今、WebメディアではYouTubeのように読者投稿型のコンテンツが増えている。
一方、紙のメディアは、読者側とメディア側とに境界線が分かれていると思い込んでいた。

まだまだ新しいしかけが作れるかもしれないひらめき

関連エントリー
「書評『とめはねっ!鈴里高校書道部』、本邦初のラブコメ書道漫画の誕生」

関連サイト

「小学館コミック -週刊ヤングサンデー-」
→「連載漫画」「第1話を読む!」で紹介されていないのが残念もうやだ〜(悲しい顔)

ブックマークに追加する ソーシャルブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。