ひらめきシャングリラ・ダイエットの記事は「シャングリラ・ダイエットとか」でどうぞわーい(嬉しい顔)
初心者が迷うオリーブオイルは「エクストラ・ライト・オリーブオイルってなんだ?」をどうぞむかっ(怒り)

2007年07月11日

「データのプレゼン技法」の第一人者、Tufte氏の著書との出会い

プレゼン資料を作るとき、データの表現は常に悩ましいちっ(怒った顔)
「スティーブ・ジョブスに学ぶプレゼンのスキル」は、このブログの人気エントリーの一つだが、ことプレゼンに関して私が師と仰ぐのはEdward Tufteである。日本ではあまり名が売れていないようだが、米国では「データのプレゼン技法」に関しては第一人者で、本も何冊も書いているし、全米各地でセミナーも行なっている。
「Life is beautiful: Edward Tufteに学ぶプレゼンのスキル」から引用)
このエントリーが気になり、早速、紹介されているEdward Tufte氏の著書を入手した本

tufte_20070710.JPG

といっても、三冊はそれなりのお値段の本なので、Second Editionという理由で
『The Visual Display of Quantative Information』
を選んだ。

まだ開封して、ちらほらとページをめくる程度だが、うなるような事例が多数紹介されている。
データの表現力を磨きたいと切実に思ったパンチ

さて、先ほどのブログのエントリーはこう続いている。
彼からは色々なことを教わったが、特に心に残り、今でも常に実戦しようと心がけていることは、
  • 文字に頼らず、図を効果的に使うこと
  • 一度に見せる情報量を絞ること
  • 意味を持った色使いをすること
の三つである。特に最後の「色も情報を運ぶことができる」という点は、それまで意識したことがなかっただけに、とても参考になった。
「Life is beautiful: Edward Tufteに学ぶプレゼンのスキル」から引用)
わたしのプレゼン資料は情報の絞こみが足りない。
だから、図式化しきれていないし、色を選ぶところまでたどり着いていない。

参考に掲載されている2枚のプレゼン資料を見て、しみじみ資料作成のスキル不足を痛感。
Tufte氏の著書を読み込んで、データの表現についてブレイクスルーしたい。

Tufte氏の著書と出会わせてくれたブログ『Life is beautiful』に感謝わーい(嬉しい顔)
タグ:プレゼン
posted by passionhack at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | スキルを磨け

ブックマークに追加する ソーシャルブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。