ひらめきシャングリラ・ダイエットの記事は「シャングリラ・ダイエットとか」でどうぞわーい(嬉しい顔)
初心者が迷うオリーブオイルは「エクストラ・ライト・オリーブオイルってなんだ?」をどうぞむかっ(怒り)

2008年07月21日

フェデラーを破ったナダルからセットを奪った日本人

ナダルがフェデラーを破ったウィンブルドン2008。
その前哨戦の大会で、ナダルがセットを落としたのが、日本人選手との対戦だった。
ウィンブルドンの前哨戦となるロンドンの大会では、今年の全仏を圧倒的な強さで制したナダル(世界ランク2位)から1セットを奪って世界を驚かせました。ナダルも試合後の記者会見で、「錦織は将来トップ5に入ってくるだろう」と称賛しました。
「スポーツ大陸-取材現場から」から引用)
NHK「スポーツ大陸」の「窮地の向こうに世界を見据えて〜テニス 錦織 圭〜」では、18歳でプロテニスの世界に飛び込んだ若者の姿が描かれている。

なんといっても、プロになってからのストーリーに目を見張る。

ブレーク(当時世界ランキング12位)に勝利。
次の大会で、ロディック(世界ランキング6位)からしかけられた精神戦。
そして、ウィンブルドン前の大会でのナダル(世界ランキング2位)からの1セット奪取。
残念ながら、ウィンブルドンは腹筋を痛めて、試合途中で棄権。

フェデラーを応援していたので、今回のウィンブルドンの記事を書けなかった。しかし、錦織選手の存在を知って気持ちが変わった。
がんばれ、錦織選手。まずは北京で成果を!

そして、大きな発見がexclamation
1989年12月29日生まれ 島根県出身
わたしの誕生日と、20年と10日違いだよ。
これは期待できるパンチ(笑)

関連サイト
錦織圭 - Wikipedia
タグ:テニス
posted by passionhack at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

ブックマークに追加する ソーシャルブックマークに追加する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。